2017年4月15日土曜日

アクションを起こせるように【伊藤大介】

久しぶりの投稿になります。伊藤です。

ここ数ヶ月、自分が一番モヤモヤしていました。
そしてその影響が選手たちにストレートに伝染していたと思います。

本当に申し訳なく思っています。

特に3年生は時間が迫っています。
彼らにお詫びすると同時に、この遅れを急ピッチで取り返します。

モヤモヤしていた原因は、選手の行動・プレーに対する自分のイライラ。
表に出すまいとしても、間違いなく選手にはこちらの言葉や反応で伝わっているはずです。
彼らはそこをしっかりと見ていると思います。本当にごめんなさい。

選手たちを見ては「なぜだ?」という疑問が募るばかりで、視界が完全にぼやけていました。
そして、原因が自分の中にあることはわかっていながらも、明確な答えが出ないまま時間が過ぎていました。

そしてここ最近で、選手たちの表情、西野代表のアドバイス、保護者の方々の反応、様々なものをまとめて受け、さらには選手たちとASEプログラムをともに過ごしたことで、やっと晴れ間が見えました。

まずは自分が変わらなければ選手は変わらない。
さらに、自分が成長しなければ選手はもちろん成長しない。
「成長には痛みや苦しみが伴う」、西野代表に投げられた言葉で毎日頭から離れません。

痛そうなこと、苦しそうなこと、そこから逃げずに、真っ先に微笑みを持って行動します。

と、自分の話が長くなりましたので、ここで終わりにして選手の話を。

【モヤモヤしていた原因=選手の行動・プレー】

特に行動の面では、
(1)こちらがある程度オーガナイズしているものに対しては素早く的確に動くことができます。
(2)オーガナイズがなくなると途端にのんびり非効率に動いてしまいます。

(2)は選手の責任ではありません。

(1)はあくまでリアクション、(2)はアクションになります。
埼玉までトレーニングマッチに行った甲斐がありました。
そこでの選手のプレー、指導者の言葉に気づかされました。

AFCの選手たちはリアクションが上手になっています。
しかしアクションの場の経験がまだ少ないのです。

これはもちろん僕のオーガナイズに問題があります。
そもそも(1)がオーガナイズだと思っていることが間違いでした。

僕らが経験した富士山登山(吉田ルート)とサッカーに例えるならば、
(1)は5〜6合目、つまり用意された道をみんなが同じように歩むこと。サッカーで言うならば自陣から相手陣地に入り、バイタルエリアまで進むところ(人によって意見は異なると思いますが)。ある意味リアクションで対応可能。
(2)は7〜8合目、それぞれの感覚や思考、方法で岩場と戦い登っていくこと。もちろん苦しいですし、体力を消耗します。サッカーで言うならばアタッキングサード、頑丈に固められた守備網を選手たちのアイデアや即興性で崩すところ。間違いなくアクションが必要。
※頂上までは到達できなかったため、この夏にまた新しい景色が観えるはず!

いいところまではいくけどゴールに繋がらない、自陣ゴール前で粘る・守る気持ちはあるけどついていけない、AFCのサッカーの改善点が丸見えです。

リアクションだけ上手でもサッカーは勝負になりません。
特にAFCのような小さい選手が多いチームでは、アクションの時間を増やすことが重要なのだと、本日教わりました。

つまり、(2)の経験値を積み上げていかなければ、その改善点は解消されません。
もっとアクションの経験を増やしてあげなければ、ゴール前をこじ開けることができません。

今は6合目、まだ8合目はもちろん頂上までいけるはず。
そのためにも覚悟を持って、選手とともに痛みや苦しみと戦っていきます。

Players First!Stay Smart!Stay Foolish!
この言葉をベースにリスタートします。

AFC茅ヶ崎 監督 伊藤 大介

2017年2月28日火曜日

現小学6年生対象 体験会

早いもので明日はもう3月です。
日も長くなり、春はすぐそこに感じます。

AFC茅ヶ崎の1期生がついに中学3年生になります。
公式戦での戦績はまだまだですが、1年生の頃から比べると見違えるほどに成長していることは自信を持って断言できます。

サッカートレーニングはもちろん、鍛錬トレーニング、気づきのためのルール(規律)、反復・思考・躾というベースがあるオーガナイズが選手たちに変化をもたらしています。

もちろんまだまだ未熟なクラブですが、これからも選手たちとともに大きく育っていくことを約束し、覚悟を持って"初めて送り出す年"を迎えます。



そして、ついに3学年が集うこととなる2017年度、まだ選手の受け入れ窓はオープンしています。
3月も現小学6年生(新中学1年生)を対象に体験会を開催します。



ぜひ一度、AFC茅ヶ崎という窓をのぞいて欲しいと思います。

2017年2月11日土曜日

集中力の持続【小熊優一】

2017.2.11 U-15リーグ VS相模原FC 

まずは勝ち点3、リーグ戦初勝利おめでとう。
最近、良いゲームを続けてきたので、やっと勝てたという印象です。

声の質、動きの質、意識の質がチームとして変わってきたのかなと思います。
以前までは個人レベルでの質の変化を感じたことはありましたが、ここにきてチーム全体の変化に繋がってきたように感じます。

同時に、この高い質の持続には集中力が必要だと改めて感じました。
これまで、高い強度でのトレーニングやランを続けて走力がついてきて、試合をフルタイム走れるようにはなってきました。ただ、今日の試合を見ると、良い質を維持していた前半に比べるて、後半の質が明らかに低下していました。もちろん怪我・交代による選手の入れ替わりがありましたが、それは言い訳に出来ません。

質を上げる・維持するためには集中力が必要で、その集中力がまだまだ足りないことが課題としてあがったのではないかと思います。

また、その集中力は決してトレーニングだけでは身につきません。
※トレーニング中に集中していることを前提としています。
トレーニングの時間は毎回約90分です。そして試合の時間は、試合70分(35分ハーフ)、アップ約40分、合わせると110分です。試合により試合時間、アップの時間が変わることはありますが、いずれにしてもトレーニングよりも長い時間集中力を維持する必要があります。

今日、終わりのミーティングで伊藤コーチに指摘されていましたが、
「話は目で見て、耳で聞く。」
重要なことです。意識しましょう。
試合中の集中力にも、生活の面でも表れます。
例として話をきくことを上げましたが、集中力が必要な場面は日常に溢れています。
自分で集中力を使う場面を見つけて、特訓してください。


次回のリーグ戦も勝ち点3が取れるように、日々を大切に過ごしていきましょう。


小熊優一

2017年2月4日土曜日

2月4日(土)U-15 リーグ【伊藤 貢平】

勝利はすぐそこにあると思います。あと1歩です。

その1歩は今までの1歩よりも大きく、遠く、長い1歩です。

ひとりの力では絶対に達成できません。
全員が一瞬たりとも気を抜かずに70分間出し尽くせるかどうかです。

試合は良いゲームでしたが勝つことはできていません。
ウォーミングアップして試合で自分が高パフォーマンスを出せるように全員が準備できていましたか?

運動量、声、考えこと、姿勢いずれも切らさずに出し惜しまずにプレーできましたか?

しっかり振り返りをしてください。

ピッチ内だけで活躍する事は不可能です。

トレーニング、学校生活、普段の過ごし方も意識高く行動しましょう。

選手のみんなお疲れさまでした。

応援に来てくださった皆様ありがとうございました。

伊藤貢平

2017年1月31日火曜日

1月29日(日)トレーニングマッチ【伊藤 貢平】

28日(土)のU-15リーグは帯同できませんでしたが選手のコメントや、コーチングスタッフの話聞いて最後まで諦めずにゴールを目指しチームが勝利をするために全員が本気を出す、出し尽くす。
勝ちたい気持ちがとても出ていたのだろうなと感じました。


正直、その場にいられなかったことが残念で仕方がありませんでした。
なぜなら前週のトレーニングマッチ終了後に「今の君たちのままなら勝ちたいと言う事を簡単に言うことじゃないね。」と言う伊藤コーチの言葉が選手達に突き刺さったのか、公式戦では気持ちの入ったプレーが多かったのだろうという印象を受けました。


翌日、産能大でのトレーニングマッチでも球際の強さや力強さを感じれる瞬間が多くあった様に感じました。


この日はゴール裏で試合をみていたのですが、必ず細かなミスで失点をしたり、ゴールを脅かされていました。
①セットプレーでの声かけが不足していた。
ゴールキーパーのセービングやディフェンスのクリアボールに対して、セカンドボールを拾う速さ
相手のスルーパスに対してのディフェンダーとゴールキーパーの連携不足


試合中に一瞬、全員の集中が切れてしまう事、コミュニケーションが不足している事が原因だと思います。


集中を切らさずにプレーを続ける事は難しい事ですが、試合中にその瞬間、1人でも気を抜かずにプレーをする選手がいれば免れた失点はありました。

前日のミーティングでも細かな所に気がつける選手になろうと言う話があったと思いますが、普段の生活がそのままピッチ上で現れているとコーチは感じました

意識的に行動して全員が細かな所に気がつけるだけでは意味がないので、気がついた事を全員に伝える能力も身につけていきましょう。

選手同士で要求し意見交換を積極的に行って、チーム力を上げていけるようにしましょう。


余談ですが、体調管理はしっかりとするようにしましょう。
私はこの日、腹痛がひどかったのでそういう事が無いように予防していきましょう。

伊藤 貢平

2017年1月14日土曜日

トレーニングマッチをみて【伊藤貢平】

先週行われたフットワークとの試合から約一週間、平日のトレーニングでは球際の強さをテーマに活動していたAFCの選手たち。

今日はどんな試合を見せてくれるだろうと期待しました。

感想は、間違いなく球際の強さがアップいました。
タックル、身体を張ったプレーだけでなく、ボールを持った相手の自由を奪い焦らせミスを誘ったり、簡単にプレーをさせないようにしたりと要所でそういったプレーが出ていました。

ただ、そういったプレーが一試合を通して継続的にできていたわけではなかったので意識を切らさずにやり切って欲しいと感じました。

また、最後のゲームでは足が止まってしまう時間がありました。
原因は疲労が溜まっていたからかもしれません。

その瞬間に然から、ボールに強くいけ!ととても良い要求の声が出ていました。
足が止まってしまった瞬間に声を出し、サポートできる選手がもっと増えて欲しいと感じました。
なぜなら、その声は本当にゴールを守りたい、シュートを打たせたくないという気持ちが出ているからだとコーチは思います。

去年、声をテーマにトレーニングをした月間があったはずです。
そのトレーニングの成果があった選手、そうでなかった選手の差はなんでしょうか。

本気の差ではないでしょうか?

一つやった事を忘れず、自分の力にして新しいテーマのトレーニングをしてどんどん自分を大きくしていってください。

本気度の少ない選手は本気度の高い選手との差がどんどん開いていかないように、全員が本気度を高め合い要求し合っていきましょう。

伊藤貢平

2017年1月9日月曜日

選手のコメントを受けて【伊藤大介】

本日開幕したU-15リーグ戦。
私は残念ながら仕事の兼ね合いで、会場で共に戦うことができませんでした。

気持ちの中では一緒に戦っていました。
だからこそ、試合後の報告を聞いた時は悔しくてたまりませんでしたし、選手たちがどのように感じたのかを早く聞きたい衝動にかられました。

ということで、選手たちにはすぐに連絡し、「結果だけでなく、自分が何をどう感じたか?」という問いを投げかけ、回答してもらいました。

選手のコメントを受けて、悔しさよりも、"日常における見直すべきポイント"の指摘を受けたという気持ちになりました。
おそらく日常のトレーニングの質の問題ですし、その量を増やしていくべきだと痛感しました。
日頃の成果であるという点において、選手たちには申し訳ない気持ちでいっぱいです。
また、思ったことを伝えてくれて感謝しています。

しかし、それ以上に、選手たちのコメントが非常に立派で、心の底から嬉しさが湧き上がってきました。
選手たちは成長していますし、まだまだ成長を求めているのだと、言葉の端々から伝わってきました。

その選手たちの想い、そして導きを必要としていることに、精一杯応えていきたいと思います。

明日、保護者の皆様へは選手コメントをまとめて配信しますので楽しみにお待ちください。

AFC茅ヶ崎 伊藤 大介